運送業(一般貨物自動車運送事業)許可サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします。
近年、後継者不足による事業承継問題やドライバー不足やドライバーの長時間労働などの経営問題の解決を図るために、トラック運送業界でのM&Aが活発になっています。 運送会社のM&Aの手法としては、合併、会社分割、運送業(一般貨物自動車運送事業)許可のみの譲渡譲受であったりと、様々なスキームがありますが、行政手続きの観点からは最も簡便な方法と考えられる株式譲渡を利用した手法について解説しま…

»…の続きを読む

運送業(一般貨物自動車運送事業)で使用する車両を増やす手続き、いわゆる増車手続きを進める場合、車両の手配から進められる運送会社様が多いのではないでしょうか。 「何トン車にしようか?」 「メーカーはどこにしようかな?」 「架装どうする?」 「新車にしようか。それとも中古車にしようか。新古車ないかな」 「現金で購入しようか。それともリース組もうかな。」 増車をする際、運送業の許認可手続き上、車両を先に…

»…の続きを読む

運送業(一般貨物自動車運送事業)許可に関して、車庫が関係する手続きをするときには、前面道路の「幅員」が問題になるのですが、この点がわかりにくいというご質問を受けることも多いです。 そこで今回は「幅員」に焦点を当てて、実際に私達が手続きのお手伝いをした事例なども交えつつ解説していきます。 運送業の車庫に関する要件 運送業の車庫には以下のような要件がありますが、車庫の前面の道路の幅、つまり幅員に関して…

»…の続きを読む

許可書は再発行不可 金融機関や取引先に対して運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可を取得していることを証明する方法としては、運輸局から発行された許可書を見せるのが最もスタンダードな方法です。 しかし、許可書というのは許可取得時に発行されるものなので、紛失しても再発行してもらえません。 運送業の業歴が長い場合や、途中で経営者が交代している場合は、社内を探しても許可書が見つからないことがあります。 こ…

»…の続きを読む

2019年11月1日に貨物自動車運送事業法改正によって運輸局での運送業(一般貨物自動車運送事業)に関する審査基準が一部変更されました。 変更の一つとして、営業所・休憩睡眠施設・自動車車庫の写真を撮影して提出することが求められるようになりました。 申請書を審査する運輸局側は事業者に写真を提出させることにより、それぞれの施設の「実在性」を確認していると考えられます。 審査のポイント 運輸局は、写真を通…

»…の続きを読む

運送業(一般貨物自動車運送事業)許可は、日本の許認可制度のなかでは珍しく、営業許可だけを譲り渡すことができます。 運送業許可を、ある事業者から別の事業者に移転させる方法としては、この「譲渡譲受(じょうとじょうじゅ)」の他に「合併認可申請」と「分割認可申請」がありますが、これらは会社自体を再編するものなので、営業許可だけを移転させる譲渡譲受とは異なります。 このページでは運送業許可の譲渡譲受について…

»…の続きを読む

会社の役員に変更があったのですが、登記手続きだけしておけば大丈夫ですか? 貴社の場合は運送業許可を保有していますので、登記だけでは不十分です。 登記以外にどのような手続きが必要なんですか? いくつか注意点がありますので、それもあわせて手続きについて確認してみましょう。 トラック運送業(一般貨物自動車運送事業)を法人で経営していると、取締役、監査役といった役員に変更が生じることがあります。役員変更が…

»…の続きを読む

やっと許可が出たと運輸支局から連絡が入りました。これでいよいよ営業開始でしょうか。 社長待ってください。ここからもけっこう大変なんです。 運送業開始までの道のりは長いですね・・・。 そうは言っても許可は出たわけですからひと安心ですね。 それでは営業開始までにどんな手続きがあるか確認してみましょう。 トラック運送業(一般貨物自動車運送事業)の経営許可申請は、運送業担当役員が法令試験に合格する必要があ…

»…の続きを読む

営業所が決まったので賃貸借契約を締結したのですが、この契約書で問題ないですか? 社長。この賃貸借契約書では許可が取れませんよ。 賃貸借契約書ならなんでも大丈夫というわけではないので、残念ながら改めて契約書を作るか、他に書類を用意する必要があります。 事前に何も確認せずに賃貸借契約書を作ってしまったのは失敗でしたね。何に気をつければいいんでしょうか。 いくつかポイントがありますので、順番に見てみまし…

»…の続きを読む

このたび独立して運送会社を設立しようと思っているのですが、何か注意する点はありますか? 事業目的や契約の名義などでいくつか注意する点があります。 なんだか難しそうな話ですね。 それほど難しい話ではありませんので、詳しく見ていきましょう。 運送会社を作って運送業(一般貨物自動車運送事業)を行う場合にはいくつか注意しなければならない点があります。 この記事では株式会社もしくは合同会社を設立して運送業許…

»…の続きを読む

お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。

お客様の声

お客様の声

試験対策セミナー

image

試験対策個別サポート

行政書士

行政書士阪本浩毅
代表行政書士:阪本浩毅

行政書士内藤香織
行政書士:内藤香織

運送業ブログ:記事一覧

ブログ記事目次

都庁前オフィス

武蔵小杉オフィス

お問い合わせ

お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。