運送業(一般貨物自動車運送事業)許可サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします。

運送業許可のための役員法令試験

運送業の許可を取るためには試験に受からないといけないと聞いたんですが本当ですか?

はい。本当です。

常勤役員のうち1名の方が合格しなければならない法令試験と、運行管理者になるための運行管理者試験の2つの試験への合格が必須です。

2つもですか。

運行管理者試験は知っていましたが、役員が受ける法令試験というのがあるんですね。

そうなんです。

運行管理者試験とは別に法令試験にも合格しなければなりません。

それでは今回は、法令試験について確認してみましょう。

image

トラック運送業(一般貨物自動車運送事業)の許可を取得するためには、運送業に関する法令順守のために、法令試験に合格しなければなりません。

この記事では、この法令試験を誰が受けなければいけないのか、どのタイミングで受験するのか、試験に合格しないとどうなるのか、出題範囲はどこか、などについて説明します。

運行管理者試験については、「運送業許可の運行管理者について」で解説しています。

※規制のルールは特に言及の無い限り関東運輸局管内を前提に説明しています。

また、シグマでは、役員法令試験対策セミナーを毎月開催しております。試験に合格できるかご不安をお持ちの方はぜひセミナーへの参加をご検討ください。

誰が受験するのか

運送業許可申請をしたのが、会社などの法人であれば常勤の役員のうち1名が、個人事業主であれば事業主本人が受験します。

常勤の役員が複数いるからといって、同じ会社から何名も受験できるわけではなく、受験できるのは1名だけです。

取締役は複数いる株式会社の場合、受験するのは代表取締役に限りません。運送業担当の取締役が受験することができます。

なお、この法令試験は運行管理者試験とは別の試験ですので、運行管理者試験に合格しているからといって受験しなくてもよいというものではありません。

いつ受験するのか

法令試験は、奇数月に実施されますので、2ヶ月に1度のペースで実施されるということになっています。

運送業許可申請が受理された後で、運輸局から郵送される法令試験実施通知書に記載された日時・場所で受験することになりますので、申込みは不要です。

法令試験実施通知書は、試験実施日の2週間前頃に、運輸局より申請者の住所(法人の場合は本店所在地)宛に、郵便で届きました。

試験に落ちたらどうなるのか

不合格の場合は、1度だけ再受験が可能です。

これで合格すれば何の問題もありませんが、再受験で不合格になってしまうと申請は却下されてしまうため、通常は、却下処分が行われる前に申請を取り下げます。

2回不合格の場合でも、再度許可申請書を提出すれば、役員法令試験を受験することは可能です。2回不合格の場合、運送業の許可申請は2度出来ないと思われる方もいらっしゃいますが、そうではありません。

とはいえ、1回目、2回目の試験に不合格になると、許可申請書提出から短くとも3ヶ月が経過しています。不合格後に申請を取り下げてから再申請ということになりますと、許可取得が大幅に遅れてしまいますし、様々な準備にも悪影響を及ぼしますので、開業準備で忙しい中ですが、なんとしても2回以内での合格を目指しましょう。

出題範囲と合格基準

法令試験の出題範囲は以下のとおりです。

  1. 貨物自動車運送事業法
  2. 貨物自動車運送事業法施行規則
  3. 貨物自動車運送事業輸送安全規則
  4. 貨物自動車運送事業報告規則
  5. 自動車事故報告規則
  6. 道路運送法
  7. 道路運送車両法
  8. 道路交通法
  9. 労働基準法
  10. 自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(平成元年2月9日 労働省告示第7号)
  11. 労働安全衛生法
  12. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
  13. 下請代金支払遅延等防止法

運行管理者試験の出題範囲とほぼ重なっているので、運行管理者試験に合格した方であれば、比較的準備がしやすいと思います。

試験時間は50分です。

出題形式は、○×方式と選択方式で、30問出題され、24問以上正解すると合格となります。

試験のときに参考資料などを持ち込むことはできませんが、関係法令等の条文が載った条文集が配布されますので、条文集は参照することができます。

法令試験条文集(国土交通省ウェブサイトに掲載されているものです。)

試験対策

シグマで運送業許可取得のお手伝いをしている方の中にも、法令試験に不安をお持ちの方は多いです。むしろ、全ての受験者が不安だと仰っています。

試験の難易度をご質問頂くことが多いのですが、「試験当日に条文集が配布されるから何とかなるだろう」と安易に考えていると不合格になる可能性が非常に高いです。

残念ながら、試験時間50分で、出題される30問全てを条文集を確認していたら、時間は足りません。

また、条文集を国土交通省のホームページからダウンロードして目を通しても、試験対策としては不足していると私どもは考えています。

一方で、「よい準備」をして試験当日を迎えられれば、一発合格できる試験です。

「よい準備」とは、条文集を使いながら過去問の演習をするのが効率的な勉強方法だと思います。

もちろん条文を全て暗記する必要はありませんし、暗記するのが合格の近道ではありません。

試験時間は50分で30問ですから、1問に2分も使えないことになりますので、じっくり時間をかけて条文を探している暇はありませんので、とにかく、試験当日の条文集の使い方が、役員法令試験の合否が分かれると言ってよいでしょう。

繰り返しにはなりますが、過去問を解きながら条文集の引き方をマスターして頂ければ役員法令試験は合格できます。

シグマへ役員法令試験を受験しなければならない許可・認可申請手続きをご依頼頂いたお客様には、試験対策として、過去問題集と条文集を無料で提供しております。

当法人が実施している役員法令試験対策セミナーや役員法令試験対策個別レッスンを定価よりも安価でご利用頂くことも可能です。

また、自社で申請手続きを行われた事業者様や、当法人以外の行政書士事務所様にて申請手続きの代行を依頼したけど役員法令試験対策に不安をお持ちの事業者様を対象に、役員法令試験対策セミナーを当法人では毎月実施しておりますので、ご活用頂ければ幸いです。

参考までに以下の画像はシグマのお客様が役員法令試験に合格した際に送付された合格通知書の実物の写真です。

まとめ

2度の受験で合格しないと申請取り下げとなる厳しい制度ですが、しっかり準備すれば過剰に恐れる必要はありません。

運送業許可申請の際には、早めにしっかり試験対策を始めることをオススメします。

運送業を専門としていない行政書士事務所に運送業の許可・認可申請手続きを依頼すると、役員法令試験の対策まで対応できないことが多いようです。このような事務所に依頼されると、申請代行費用は安いけど、役員法令試験について何もアドバイスをしてもらえなくて、1回目の試験で不合格となってしまい、運輸局の審査期間が2か月余計にかかってしまったというお話をよく耳にします。

シグマでは、許可・認可申請手続きの代行はもちろんですが、当法人に許可・認可申請手続きをご依頼頂いたお客様には、法令試験対策セミナー・役員法令試験個別レッスン費用の割引も行っております。

運送業の許可・認可申請の際の役員法令試験の受験に関して不安をお持ちの方もぜひ一度ご相談ください。

役員法令試験を受験される経営者様は、不安とプレッシャーを感じられておりますが、大丈夫です。

不安とプレッシャーを和らげるノウハウを行政書士法人シグマは持っております。

お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。必ず2営業日以内に返信しております。返信が届かない場合には、

といった原因が考えられます。メールが届かない場合には、上記をご確認いただいたうえ、お手数ですが再度メールフォームよりお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望の返信方法 (必須)

    題名

    メッセージ本文(必須項目)

    お客様の声

    お客様の声

    試験対策セミナー

    image

    試験対策個別サポート

    行政書士

    行政書士阪本浩毅
    代表行政書士:阪本浩毅

    行政書士内藤香織
    行政書士:内藤香織

    運送業ブログ:記事一覧

    ブログ記事目次

    都庁前オフィス

    武蔵小杉オフィス

    お問い合わせ

    お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。