運送業、運送会社の手続き代行 シグマ

運送業の営業所の新設・移転でお困りの方へ

image

運送業(一般貨物自動車運送事業)の営業所を新たに設けたり、別の場所に移転したいというときには、一般貨物自動車運送事業の事業計画変更認可申請をする必要があります。この申請手続きは、営業所の新設・増設を行って営業する前に、行う必要があります。

変更認可申請は以下のような流れで進めます。

営業所の要件調査

まずは新設(増設)もしくは移転先の営業所が、しっかりと法定の要件を満たしているかを確認しましょう。

要件は許可を取得したときと同じです。

  • 建築基準法、都市計画法など関係法令に違反していない
  • 使用権原があり、それを証明する書類がある
  • 適切な広さ
  • 車庫との距離

おおまかにはこれらの要件を満たす必要があります。

より詳しい営業所の要件は「運送業の営業所の決め方」で詳しく解説しています。

営業所を移転して、現状使用している車庫との距離がルールの範囲外になってしまうような場合や、営業所の新設と同時に車庫も移転、増設するような場合には、車庫に関する変更認可申請手続きもする必要があります。

車庫に関しては以下の記事をご参照ください。

書類作成、提出

営業所が要件を満たしていることが確認できたら事業計画変更認可申請書を作成して、新しい営業所を管轄する運輸支局に提出します。

基本的な添付書類は以下のとおりです。

  • 宣誓書
  • 営業所の使用権原を証する書面(賃貸借契約書、不動産登記簿謄本、使用承諾書など)
  • 案内図、見取り図、平面(求積)図
  • 事業用自動車の運行管理等の体制

審査

書類提出後に審査が行われ、問題が無ければ1~2ヶ月程度で認可がおります。

書類に不足や不備があった場合には、運輸支局から補正をするよう指示が出ることがありますので、そのようなときにはなるべく早く対応しましょう。

認可後

先述のとおり、営業所の新設、増設と同時に車庫の新設、移転をした場合には、増車、減車といった車両関係の手続きも必要になります。

また、営業所の移転をするときには、認可がおりると、元の営業所は運送業の営業所としては使用できなくなることに注意しましょう。

行政書士法人シグマのサービス

シグマでは、運送業の営業所新設(増設)、移転の手続きをサポートしています。サポート内容は以下のとおりです。

変更認可要件の調査(別途、調査費用がかかることがあります。)
変更認可申請に必要な各種証明書の取得
申請書類の作成
申請書類の提出代行
認可書の受取代行
事業用自動車等連絡書の取得代理
ナンバー変更手続き

※営業所間での車両の移動の際に発生するナンバー変更手続きは当法人では代行しておりませんが、ご希望のお客様には、自動車の登録手続きを専門としている行政書士事務所を無料でご紹介いたしますのでご安心ください。

料金は以下のとおりです。

事前調査の工数や、運輸支局との協議の難易度などによって報酬額が変動することがありますが、その際には必ず事前にご説明のうえでお見積りを提示いたします。

「知らないうちに報酬額が高額になっていた。」ということはありませんのでご安心ください。

業務 料金(税抜)
運送業の営業所新設(増設)、移転 100,000円~
運送業の車庫新設(増設)、移転 100,000円~
運送業の車両増車、変更 50,000円~

ご依頼の際の流れは以下のとおりです。

  1. ご相談
  2. お見積り
  3. 正式なご依頼・着手金のご入金
  4. 営業所の要件調査・確認
  5. 運輸局との申請前の調整
  6. 必要書類の収集・作成
  7. 運輸局への変更認可申請書類の提出
  8. 審査(1ヶ月~)
  9. 認可書の受領

運送業(一般貨物自動車運送事業)の営業所の新設(増設)、移転でお困りの運送業者様は、ぜひお気軽にご相談ください

03-6868-7256

03-6868-7256

0358438541

銀座オフィス

武蔵小杉オフィス

Sponsored Link