運送業、運送会社の手続き代行 シグマ

事業報告書・事業実績報告書でお困りの方へ

運送業(一般貨物自動車運送事業)者は1年に1度、

  • 事業報告書
  • 事業実績報告書

の2つの報告書を運輸支局に提出しなければなりません。

報告書の提出し忘れに注意

事業報告書は、毎事業年度が終わってから100日以内に、提出する必要があります。事業年度は、会社によって異なりますが、個人事業主であれば1月~12月です。

事業実績報告書は、毎年度(4月1日~3月31日)の輸送実績を毎年7月10日までに提出しなければなりません。決算期とは関係ありませんので注意が必要です。

運輸支局から「いつまでに事業報告書と事業実績報告書を提出してください。」という案内が来たりはしませんので、各運送業者が自分で提出時期を把握しておく必要があります。

もし提出しない場合(提出期限までに提出しない、虚偽の内容を記載した疑いがある、記載内容が法令に違反している疑いがある)には監査の対象になることがありますし、以下のような行政処分を受けてしまう可能性もあります。

報告義務違反 初違反 再違反
報告書の未提出 警告 10日車
虚偽の報告 60日車 120日車

事業報告書

事業報告書は、大きく分けて「事業概況報告書」と「損益計算書および財務計算に関する明細票」の2つで構成されています。

事業概況報告書には、資本金の額、株主、役員、事業内容など、運送事業者の基本的な概要を記入します。

損益計算書および財務計算に関する明細票には、損益計算書や貸借対照表を記入します。損益明細表と人件費明細表は、決算書に記載されている数値から一般貨物自動車運送事業に関係する数値を記入します。損益計算書と貸借対照表は、決算書の中に綴じてあるのをコピーして提出することになります。

事業実績報告書

事業実績報告書には、事業用自動車数、従業員数、運転者数、事業内容、輸送実績、事故件数を記入します。

輸送実績は、管轄運輸支局毎の延実在車両数(日車)、延実働車両数(日車)、走行キロ数、実車キロ数、輸送トン数(実運送と利用運送毎に)、営業収入といった細かい数字を記入する必要があります。

行政書士法人シグマのサービス

シグマでは、運送業の事業報告書および事業実績報告書の作成・提出手続きをサポートしています。

報告書の作成に必要な資料(決算書、日報など)はご用意いただく必要がありますのでご了承ください。

料金は以下のとおりです。

運送業以外に行っている事業の有無などによって報酬額が変動することがありますが、その際には必ず事前にご説明のうえでお見積りを提示いたします。

「知らないうちに報酬額が高額になっていた。」ということはありませんのでご安心ください。

業務 料金(税抜)
運送業の事業報告書の作成・提出 30,000円~
運送業の事業実績報告書の作成・提出 20,000円~

ご依頼の際の流れは以下のとおりです。

  1. ご相談
  2. お見積り
  3. 正式なご依頼・報酬のご入金
  4. 必要書類の収集・作成
  5. 運輸局への報告書の提出

運送業(一般貨物自動車運送事業)の事業報告書、事業実績報告書でお困りの運送業者様は、ぜひお気軽にご相談ください

03-6868-7256

03-6868-7256

銀座オフィス

武蔵小杉オフィス

0358438541