運送業(一般貨物自動車運送事業)許可サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします。

千葉県市川市の道路幅員証明書

担当行政書士の運送業ブログ
2021年3月12日

当法人は東京と神奈川に拠点がある行政書士事務所ではありますが、最近、千葉県での運送業(一般貨物自動車運送事業)許可申請についてのご相談・ご依頼が続いております。

今回のお客様は、千葉県市川市内に運送業の拠点、つまり営業所・休憩睡眠施設・車庫を設置したいとのことで、物件の選定を進めておられました。

ここでコツというかポイントなのですが、今回のように営業所・休憩睡眠施設・車庫を探す場合には、まずは車庫を見つけてから営業所・休憩睡眠施設として使用する事務所を探した方がスムーズに物件選びをすることができます

そのような状況の中、お客様より、希望条件に近い候補貸地が見つかったとの連絡を受けて、車庫の要件調査に着手しました。

車庫の要件調査の際のポイントはいくつかありますが、その中でも接道の幅は重要な調査対象になってきます。

接道の幅は実寸ではなく運輸局へ提出する幅員証明書にどのように記載されるのかがポイントなのですが、一部の港湾地域の道路では、そもそも幅員証明書が発行されないケースもあるので、そもそも幅員証明書が取得できる道路なのかも注意が必要です。

今回の調査対象の土地の接道は、市川市が管理している市道であることがわかったため、市川市へ道路幅員証明書を請求いたしました。

市川市の場合、証明書の申請は郵送することができ、受取時に手数料の300円を支払うため窓口に出向く必要があります。

申請書は市川市のホームページからダウンロードしたものに必要事項を記入し、案内図と法務局で取得した公図を申請書に添付して提出いたします。

取得までの期間は、通常ですと1~2週間かかるのですが、申請を行ったタイミングが良かったようで、郵送した申請書が市川市に到着したその日に幅員証明書が出来上がったとのご連絡をいただきました。

今回の幅員は、片側1車線の2車線道路であり、幅員証明書に記載されている車道幅員は6.5mを超えているため、運送業の車庫として使用する車庫の接道幅としては申し分ないことが判明しました。

今後は、賃貸借契約書のリーガルチェックや現地調査へと進んでいきます。

お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。必ず2営業日以内に返信しております。返信が届かない場合には、

といった原因が考えられます。メールが届かない場合には、上記をご確認いただいたうえ、お手数ですが再度メールフォームよりお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望の返信方法 (必須)

    題名

    メッセージ本文(必須項目)

    お客様の声

    お客様の声

    試験対策セミナー

    image

    試験対策個別サポート

    行政書士

    行政書士阪本浩毅
    代表行政書士:阪本浩毅

    行政書士内藤香織
    行政書士:内藤香織

    運送業ブログ:記事一覧

    ブログ記事目次

    都庁前オフィス

    武蔵小杉オフィス

    お問い合わせ

    お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。