運送業(一般貨物自動車運送事業)許可サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします。

営業所新設申請書類を東京運輸支局へ提出いたしました

担当行政書士の運送業ブログ
2021年3月1日

運送業(一般貨物自動車運送事業)の営業所を新設する認可を受けるための申請を行いました。

営業所の新設予定地が東京都内のため、申請書類の提出先は東京運輸支局となります。

営業所の新設といっても、当然ながら、新設営業所で使用する休憩睡眠施設や自動車車庫の申請もあわせて行っております。

今回の営業所新設の申請に際しては、単なる書類作成の代行や申請書提出代理業務だけではなく、営業所・休憩睡眠施設・自動車車庫の設置場所についても事業者様にアドバイザリーを行わせていただきました。

当初事業者様が候補に挙げた物件では、営業所新設要件を満たすことが難しかったため、営業所・休憩睡眠施設・車庫の立地要件を中心に私どもでアドバイザリーを行った結果、経営上、無駄のない事業計画を整えることができました。

営業所・休憩睡眠施設・車庫の候補地の選定にも時間がかかりましたし、事業者様が上場企業だったのもあり、法人実印が必要な書類への捺印や、取締役・監査役の方々にご確認いただく書類の確認などにも日数を要したため、当法人へ営業所新設認可申請手続きをご依頼いただいてから、東京運輸支局へ申請書提出完了まで、約3か月の日数を要しました。

通常よりも準備期間が長くなってしまいましたが、東京運輸支局での審査が円滑に進行するように、提出書類には、法定の提出書類以外にも説明書類を提出するなどして、工夫を施しております。

今回であれば営業所新設認可要件を満たしていることを書類で証明することがポイントになるのですが、手引に記載されている最低限の書類だけでは認可要件を満たしていることを証明できないこともあるためです。

さらに私どもでは、書類だけで判断するのではなく、必ず現地を訪問し、実態を確認しております。

このように申請準備に手間暇をかけることは、一見遠回りをしているように見えることもあるかもしれませんが、実は結果的には認可取得までの最短距離ということが多いです。

私どもは、豊富な経験から、事前にしっかりと問題点を潰し、スムーズな認可取得をサポートしています。

お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。必ず2営業日以内に返信しております。返信が届かない場合には、

といった原因が考えられます。メールが届かない場合には、上記をご確認いただいたうえ、お手数ですが再度メールフォームよりお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望の返信方法 (必須)

    題名

    メッセージ本文(必須項目)

    オンラインコンサルティング
    運輸業許認可コンサルティング

    お客様の声

    お客様の声

    試験対策セミナー

    image

    試験対策個別サポート

    行政書士

    行政書士阪本浩毅
    代表行政書士:阪本浩毅

    行政書士内藤香織
    行政書士:内藤香織

    運送業ブログ:記事一覧

    ブログ記事目次

    都庁前オフィス

    武蔵小杉オフィス

    お問い合わせ

    お問い合わせは東京03-5843-8541、神奈川044-322-0848まで。

    Sponsored Link